友人からお金を借りるときに覚えておきたいこと

友人からお金を借りるときに絶対に忘れてはならないことが、友情にヒビが入るリスクが有るということです。
金銭の貸借は人間関係にヒビが入る理由として非常によくあるものですから、些細な貸し借りがいとも簡単に友情を壊してしまうおそれがあるということです。

そのため、たとえ友人であってもたとえそれが数百円単位の金額であっても貸し借りはしないと徹底している人もいるほどです。
そのような考え方も決して間違ってはいませんが、友人同士であれば多少のお金を借りるぐらいであればやはりよくあるやりとりということになりますから、トラブルにならない範囲でお金を借りるのは悪いものとは言い切れません。

ただし、その場合であっても返済計画を相手にしっかり伝えることが重要であり、返済をすることができない可能性があるのであれば、それも相手に伝えてからお金を借りることが大切です。
友人だからと甘えたことをするとそれが友情を壊してしまうきっかけとなるので、お金を借りるのであれば全てオープンにして納得してもらった上で借りるようにしましょう。

そして、金の切れ目が縁の切れ目という言葉を忘れないようにして、返済をすることができなければ縁も切れてしまうという覚悟の上で借りることが大切です。
千円二千円程度であれば助け合いということにもなりますが、金額が大きくなってくれば信用によるやり取りとなるわけですから、相手を裏切ることがないようにしなければなりません。
http://kane100.jp